カテゴリ:〇一式七糎半自走砲( 1 )

 

完成いたしました

こんばんは、日を追うごとに地震の被害が明らかになってきて、原発の問題も含めて
大変心が痛むようなニュースばかりの毎日であります。
学校等では募金活動が行われていて、私も募金させていただきました。
改めて被害を受けた方々へのお見舞いを申し上げます。
さて、学校自体は春休みに入ったので時間的ゆとりができたため
製作途中だった一式七糎半自走砲を完成させました。素組み&筆塗り仕上げです。
マーキングはルソン島にて戦った車両なのですが、黄帯が迷彩に無いのはまちがいと
過去のAM誌に記事があったので参考に黄帯を入れました。
a0155589_1843429.jpg
a0155589_18431563.jpg
a0155589_18432686.jpg
a0155589_18434641.jpg
a0155589_18435495.jpg
a0155589_1844495.jpg
a0155589_18441417.jpg

a0155589_18464261.jpg

a0155589_18442526.jpg
a0155589_18443152.jpg

チハ等の戦場写真を参考に履帯のギラつき具合や泥の付き方に注意して
仕上げ塗装を施しました。また、フィリピンや熱帯地域の地面の色などが
分かるような画像をネットでひろい使うパステルの色を考えた。
錆表現にもこだわったつもりだったですが、油絵の具の色彩が変化てしまい
場所によっては錆らしく見えなくなってしまった箇所もありました。
今後は変色するということも意識して利用しなければならないですね。

ヘルメットと空薬莢はキット付属のパーツを利用し、人間の存在感を演出しました。
シートや木箱、やかんの日用品的なものも乗せようと思ったのですが
ルソン島での激闘というようなイメージが初めからあって
(まぁ、近距離で対戦車戦闘をするようなことは少なかったと思うが…)
そのような道具は人間らしさは出ても、物資が少なく必死な印象が薄れてしまうと判断し
あえてヘルメットと薬莢だけを車両内部や上部に配しました。
[PR]

by sdkfz171koba | 2011-03-20 16:49 | 〇一式七糎半自走砲