泥汚れ追加

泥汚れの追加です。塗料とパステル、百円ショップで買った壁補修材を
混ぜて泥のペースト状のものを作ります。それをコシの強い筆にとって、
指と爪楊枝ではじいて飛沫を飛ばします。
a0155589_7365941.jpg

均一な仕上がりにならないように場所によって表現に強弱をつけます。
場所によっては溶剤で拭き取ったところもあります。
a0155589_737984.jpg

場所を絞って泥色塗料と黒を混ぜたものでウォッシュ。
湿っている状態やオイルがたまっているような表現を目指します。
オイル汚れはクリアーオレンジと黒を使用。
a0155589_7371856.jpg

過去の作品のパンターとの比較。金属地が露出する部分は塗料ではなく、
3Bの鉛筆を擦りつけギラつきを与えます。光の当たり具合や見る角度によっては
ギラつきが見られないがあくまで本物を意識した上での結果です。
a0155589_7372622.jpg

泥汚れはどこでフィニッシュとしていいのか
分からないころともあってなかなか頭を使いますな。
[PR]

by sdkfz171koba | 2011-05-26 07:37 | 〇パンター15cm突撃臼砲搭載  

<< 完成しました 仕上げ塗装開始 >>